地獄巡り 外伝
転生に踏み切った詳細。
興味ないなら見ないほうがいい。



オーラを吹くまでに、何度も考えた。
このまま99まで上げて、転生したとしよう。
だけど、それで本当にいいのか?
やれることはまだあるんじゃないか?
やらなきゃならないこともあるんじゃないか?
即転生するということ、それは逃げになってしまわないか?


転生する前にやれること・・・

まず何よりも、俺はまだ一人前のプレイヤースキルを持ってると思ってない。
状況に応じた自分の役割もわからず、その場その場で適当に。そんな自分は好きじゃなかった。
転生してしまえば、本来できたはずのことができなくなる。一時的にとはいえ。
自己満足といえば自己満足なのかもしれないけど、そこだけは譲れないっていう変なプライドを持ってた。

こういった部分を何とか改善させておきたかった。一人前だと胸を張って言えるように。
これが俺の中で「やらなきゃいけなかった」こと。


そして第二に、転生後のスタイルを視野に入れた装備・資産の確保。

アサシンとアサシンクロス。系統は同じだけれど、転生後に取得できるスキルはアサシン時代とはまったく別の世界のもの。
ソウルブレイカー、メテオアサルト、エンチャントデッドリーポイズン。
SBrとMA、俺の場合は特にSBr。これらにはアサシン時代に活用できた特化武器がほとんど使えなくなる。
サイズ特化や種族・属性特化 所謂%系cの効果が乗らない。乗るのはATK増加系(アンドレ、チャッキー等)と、HIT補正c(マミーc等)。
EDPは前者とはまたちょっと違うが、媒介となる毒瓶の確保が問題。こちらはそれほど大きな問題ではないけれど。
何よりも・・・錐。使ってはいるけれど、これは借り物。極端なことを言ってしまえばこれを使ってる時は俺であって俺でない。これもまた変なプライドか。

現状、これらの確保がほとんどできてない。これを転生前にやっておこうと考えてた。
これが俺の中での「転生する前にやれる」こと。
これらを達成せずに転生、それが俺の中で「逃げ」にならないかと思ってた。



一つだけ断っておくと、後悔はしてない。
もしも後悔してるんだったら転生一次で育ててなんかいない。別キャラで上記のことをやってる。

確かに足りないものは足りないけれど、転生してから条件を満たす。その道を選んだだけのこと。一言で言えば、今まで持ってた変なプライドを捨てただけで。
このままアサシンクロスに転職したとしよう。その時、俺は自分を一人前だとは絶対に思ってはいないと思う。そこはできるだけ早く腕を上げる。
装備も育ててさえいれば自然と揃ってくるだろう。神器クエストが必要な錐に関しても。
何よりも、プライドに固執してたらゲームをゲームとして楽しめない。
自分の中で一つの結論を出し、周囲の助言もあって、この決断に踏み切れた。


これが、自分で言ったことをひっくり返して転生に踏み切った理由。
長文でごめんね。
[PR]
by yorugata_g | 2007-02-06 02:33 | 雑記
<< Rebirth 地獄巡り第六部 ~終焉~ >>